RSS
Archive

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-(1)
7月31日の結果は33,513,554円でした。
前日比-883,691円でした。

本日で7月の相場は終了しました。今月は
前月比+76,149円(+0.23%)でした。

現時点で昨年末と比較をすると
前年末比+5,513,554円(+19.69%)でした。

※12年末時点の総資産は正確に記録していませんでしたので、概数である
 28,000,000円との比較で算出しています。

※毎月給与の一部も証券口座に繰り入れており、また配当も再投資していますので、
 この結果は「株式損益+繰り入れ給与+配当」となります。何卒ご了承ください。




今月もよくわけのわからないうちに
ヨコヨコで終わりました。

お給料とか投入したうえで、対前月ヨコヨコという
事は

どう見ても負けですありがとうございました状態

なわけですが、
そういうのは考えないようにします。



しかし、保有株の四半期報告がぼちぼち出始めたわけですが、
1つ厄介な内容の会社があり、

今日はその会社の株価がどれくらい下がるかがとても心配です。


そろそろ、この銘柄を入れ替える時かもしれません。
3年近く保有し続けた戦友ですが・・。

スポンサーサイト

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月01日の結果は32,191,454円でした。
前日比-1,322,100円でした。



もし株なんぞに手を出していなければ、

今日もさようなら130万円などと言いながら
悲しみに打ちひしがれることもなく、


目の前の仕事だけ一生懸命やり、余計なこと考えず、
決められた給料の中で
幸せを享受していたに違いありません。


そして株に向けるエネルギーを少しばかり外に向けていれば、
私は今頃モテモテで困るほどリア充になっているに違いない。



・・・




今日も保有株や気になっている会社の四半期報告を
読み漁っているところですが、

順調な内容であっても、売られるケースが
多いように感じます。


さすがに期待で上がり過ぎていたのでしょうか・・。



私の保有株も、1社、難儀なことになっていまして、
今週末は頭を悩ませることになりそうです。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-(1)
8月02日の結果は32,874,498円でした。
前日比+683,044円でした。

本日で一週間が終了しました。今週は
先週末比-3,190,810円(-8.6%)でした。

ブログを始めた13年3月15日からの、
主要株式指標と私の総資産の増加率を比較すると
下記のようになりました。
比較


ようやく、一週間が終わりました。
結果はボロクソで悲しみ満載ですが、

冷静に考えれば、こんなものなのかなぁ、とも思います。



そもそも、アベノミクスがなければ
私の資産は今の半分でも万々歳のレベルであって、

2011年末は800万しかなかったのですから、
すでに出来過ぎなわけです。


目先の損失にはどうしても気持ちが揺さぶられますが、
そのたびに何度も何度も、

10年後、20年後の資産が勝負なのだ!

と自分に言い聞かせ

冷静に決算書を読み込み、将来の会社の姿を
思い浮かべながら、考えを巡らそうと思います。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月05日の結果は33,633,473円でした。
前日比+758,975円でした。




銘柄選びは、時間もストレスもかかります。


まず四季報をぱらぱらめくれば、

「あぁ、なんでもっと早く気付かなかったんだ・・
 もう値上がりしてしまって買うには手遅れだ・・」

なんて銘柄だらけです。その機会損失の大きさに
気持ちが萎えます。


投資において、機会損失なんて考え方を持ち込むのは
最もいけない、というのはわかっていても、

チキンな私は嘆かずにはいられません。




「何してる会社かよく分かんないけどすっごく魅力的に見える・・」
と誘惑に駆られる銘柄も続出します。
自分の投資スタンスを試され続けるわけです。

「あー、買うべきだろうか・・うー、やめとくべきか・・」
などと言いながら部屋の中でゴロゴロしていれば、
あっという間に休日が終わります。





とんでもない休日です。






PERが25とか30を付けていても、
よくよく読めば一時的な特損が出ているだけで本業は
極めて順調、といったこともよくあるので、

機械的なスクリーニングだけに頼るわけにも
いかず、

結局、基本的には紙ベースの四季報を丁寧に読んでいく
ことになるのですが、まぁこれでは時間がかかります。




私は寝る前の30分ほど、四季報を眺める習慣が
できているのですが、そんなんではとてもすべてに目を通せません。

あっという間に次の四季報が発売してしまいますので、
休日まで使い込んでの調査となるわけです。



電車の行き帰りの時間も使い、四季報を読もうかと考えたことも
ありますが、
どうみても変な人、というか嫌な人になってしまうでしょうから
やっていませんが、



まぁとにかく、こんな感じで四苦八苦しながらの銘柄探しが
投資活動の99%を占めています。




数年後、頑張って銘柄選びしてよかったと思うか、
携帯ゲームでもしてればよかったと思うか、分かりませんが、


とりあえずは可能性に賭けたいと、私は常々思っています。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月06日の結果は34,160,662円でした。
前日比+527,189円でした。


社会人になって6年目になりますが、

学生の時から比べて5キロお肉が付きました。



大変よろしくない。

ダイエットと株式投資の結果を決めるのは、
頭ではなく意志である。
ピーター・リンチの株式投資の法則(ダイヤモンド社-P40)

※リンク先はアマゾンですが、アフィリエイトになっていません。
 アマゾンサイト内のカスタマーレビューなどに目を通すだけでも学べることはあるので、気になる方はぜひどうぞ。



ということで、無理やり株式投資に結びつけたりしつつ、
痩せなくてはと自分に誓いながらも、

仕事が忙しいとどうしても動かずに食べてばっかいることに
なるので、

仕事が片付かないとどうしようもない、などと
自分に言い訳をするダメ人間です。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月07日の結果は33,478,162円でした。
前日比-682,500円でした。



5キロ太ったなどとどうでもいい私事を書いていたら、
今日も日経平均はひどいことになったようです。


大変気の滅入る日が続きますが、
億り人を目指している以上は

前向きに資産形成に励まねばなりません。




収入を生む資産を買う事だけに努力を集中する。
これが金持ちになるための道を歩み始める最善の方法だ。

この方法を実行し続ければ資産の欄が大きくなっていく。
その一方で、負債と支出は低く抑えるように努力する。

そうすれば資産の欄につぎ込むお金を増やすことができる。
資産の基礎は意外と早く作れる。

金持ち父さん 貧乏父さん(筑摩書房-P115)

※リンク先はアマゾンですが、アフィリエイトになっていません。
 アマゾンサイト内のカスタマーレビューなどに目を通すだけでも学べることはあるので、気になる方はぜひどうぞ。




良くも悪くも有名な、金持ち父さんの本から引用です。



この本はなまじ有名になってしまったためか、称賛とともに
批判の声も相当多いようで、

リンク先のアマゾンでも「よくぞここまで書けるなぁ・・」と
感心するほど、辛辣な批判がたくさんあります。




どこだったか忘れましたが、以前

「金持ち父さんの本なんか読んで金持ちになれるなら、
皆とっくに億万長者になってるにきまってる。
この本を本棚に置いているような男とは絶対に付き合わない


などという恐ろしい書き込みをどこかで目にし、


アンダーラインなんか引きながら読み込んでいた
は、当時ちょっとだけ涙目になったものです。






まぁそんな本なので賛否あるかもしれませんが、


「参考になる部分は素直に受け入れて、そうでない部分は
イラつかずスルーする」
というのが、何百冊もお金関係の本を読んできた私の思いですので、

金持ち父さんの本も、ありがたく参考にしているわけだったりします。







さて、なんだか脱線しましたが・・

やはり億り人を目指すとなると、
普通のサラリーマンをやって、お給料をコツコツ貯めるだけは
まず到達不可能な額です。

転職などを試みて、ちょっと給料が上がったところで、
「億」となると現実的な金額ではありません。


従って、サラリーをもらうという発想から離れて、
別の切り口で考える必要が出てきます。



その第一歩が、「消費を抑え、資産を増やす」ことなのだと
いうのが、今の私の基本的ポリシーとなっています。

さまざまな支払いをすませたあとのお金を
収入を生み出す資産にまわし、そこから十分な収入を得られる
ようにならないかぎり、

給料はその人の経済的安定には少しも役立たない。
金持ち父さん 貧乏父さん(筑摩書房-P125)




頑張って貯金すれば、経済的安定に資するわけで、
「少しも役立たない」は言い過ぎの感がありますが、


私が、毎月のお給料を頑張って株口座に放り込んでいるのも
ひとえに
「資産の欄を大きくする」という目的意識が背景にあります。




もちろん、誤った資産を保有すれば、まさに砂上の楼閣。
あっという間に無価値になってしまうわけで、

「どんな資産か」が何より重要なのは間違いなく、

どんなに一生懸命検討したうえで購入に踏み切っても、
誤った資産を掴んでしまう可能性は常に存在します。





それでも、
億り人を目指すうえで、お金に対する基本的な姿勢は
金持ち父さんの言う考え方で間違いないと私は確信しています。


芽が出ないかもしれないと不安に押しつぶされそうでも、
資産欄に種を蒔きつづけるしか、

今の私にできることはないと、今日のような日は
より一層強く思うようにしているのです。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月08日の結果は33,058,164円でした。
前日比-419,998円でした。



全く、私のお金が増えません。
もう5千万など遠い昔の夢。



今日は会社お休みをもらって、こんな時間に
ブログを書き書きしていますが、


「ちっきしょうめ!こうなったらデイトレで
 ガッツリ稼いでやんよ!!



などという死亡フラグに飛びつきたくなります。



「ダウ下がったし、円高になってるし、金曜だし、
決算発表出尽くし感あるし、売りで一儲けだ!」



などという妄想が頭を駆け巡りますが、
ここは耐えねばなりません。


6月、7月とわずか2か月間、相場の勢いがないという
だけで、これだけ気持ちに焦りが出るというのも、自分自身
びっくりです。


人間はいかに近視眼的生き物か、身を持って体験しています。





長期投資家にとって一番良いのは、しっかり調べて大きく投資したら、
あとは株から離れて全く違うリア充活動に精を出すことだと痛感します。



株ブログなどをしたためるのは、きっと最悪の選択に違いない。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月09日の結果は30,913,338円でした。
前日比-2,144,826円でした。

本日で一週間が終了しました。今週は
先週末比-1,961,160円(-6.0%)でした。

ブログを始めた13年3月15日からの、
主要株式指標と私の総資産の増加率を比較すると
下記のようになりました。
比較


主要株価指数と比較しても、

私の総資産はぶっちぎりでビリになりました。

給料などを突っ込んでドーピングしているにも関わらずです。


私の保有株の決算は出そろい、概ね想定通りでしたが
株価は想定通りの動きをせず、

再び、3千万を割りそうです。


もう、何度この胸の締め付けられるような思いを
したことでしょうか。






株のよくない所は、ダダ下がりの時は
世界がすべてどよーんとした感じで見えてしまうことです。


せっかく楽しいことがあったとしても、
なんだか株の損によって打ち消されてしまう感覚です。



長期投資スタイルの人にとっては特に、
目先の株価の変動など何の意味もない「ノイズ」みたいな
ものなのに、

そんなのに振り回されて、貴重な1日を暗い気持ちで過ごす
というのは、

客観的に見えればずいぶん滑稽なものです。
これは非常にもったいない。





それでも、へこんでしまい、気持ちが揺さぶられるのです。
毎日毎日、この株でいいのか、売るべきじゃないのか、別の
株の方がいいんじゃないか、

と、内外から突っつきまわされます。



腹筋100回すれば株価が10円上がるとかだったら、
いくらでもエネルギーをそこにぶつけますが、

ただただ株価が上がるまで耐える、という作業は
エネルギーのぶつけ先がないだけに、

どこに力を入れていいのか分からず、
結果フラストレーションだけが溜まったりします。




こういったメンタル面ともうまく付き合っていかなくては
いけないのが、株の難しさなのだなぁ・・と改めて思いました。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月12日の結果は29,769,265円でした。
前日比-1,144,073円でした。


今日もボッコボコに大損して3千万を切りました。


こんなゴミブログにわざわざ足を運んでくださっている、大切な
読者様を裏切る結果となり、

ひどく反省しています。


2度もブログのタイトル詐欺状態となり、
お詫びの言葉もありません。




本当にありがとうございました。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月13日の結果は31,583,836円でした。
前日比+1,814,571円でした。

まだだ・・これからだ・・


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-(1)
8月14日の結果は31,375,917円でした。
前日比-207,919円でした。


ブログを始めて5か月がたちました。

いつもご訪問いただき、本当にありがとうございます。




ブログを開始した日の総資産は3,133万円でしたので、
5か月たち、4万円増えました。


一方その間、お給料を約120万円投入していますので、


実質-116万円でした。




悲しいです。




しかし、悲しんで狼狽してしまうのはよろしくないわけで、
冷静に考え続けることを諦めてはいけないと、
自分に言い聞かせます・・。










さて、何の考えもなしに適当に始めたこのブログですが、
無理のない範囲で長期的に更新を続けていくため、

5か月間のブログ運営で得た経験、及びこれまでいただいた
多くのありがたいメールをベースに、少し方針を変更します。



いかんせんブログを書くのは
初めてだったため、この5カ月でいろいろと学ぶことは多く、

また仕事では急遽、TOEICをはじめとした資格試験に取り組まねば
ならなくなり、そちらに相応の時間を割かざるを得なくなった事も、
大きく影響しています。



自分の時間を確保し、より安定した更新体制を作り、
少しでも役立つ(と思われる)内容をアウトプットし続けるには
どうすべきか、

変更案を温めていました。



長期投資である以上、半年、一年程度でブログの更新が燃え尽きて
しまうのはぜひとも避けたいところなので、


大変ご迷惑をおかけすることとなりますが、
何卒ご容赦いただきたく、

3年、5年といった時間軸で生暖かく見守っていただければ
大変幸甚でございます。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月15日の結果は30,987,732円でした。
前日比-388,185円でした。




全く何の意味もない統計データですが、



ブログを始めてから104営業日が経過し、

損した日は51日、累計損は-6,455万となりました。

得した日は53日、累計益は+6,421万となりました。


勝率50.96%
※ただし資産上は負け。



なんという不毛な結果でしょうか。
結局資産がスタート地点に戻るのであれば、一生懸命記録するだけ
虚しいというものです。



うまい具合に、得した日だけホールドして損する日だけ
手放せていれば、
私の資産は8千万超えとなっていたことになりますね!


まぁ、逆だったらとっくに破産しているわけですが・・・



SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月16日の結果は31,627,403円でした。
前日比+639,671円でした。

本日で一週間が終了しました。今週は
先週末比+714,065円(+2.3%)でした。

ブログを始めた13年3月15日からの、
主要株式指標と私の総資産の増加率を比較すると
下記のようになりました。
比較



いかんせん、死ぬ思いでお給料を使わないようにして
株式口座に突っ込んでいるため、
入金額がそれなりに大きくなっていて、


株で儲けてるのか、ただ入金しているだけなのか
いよいよわかりにくくなっていますね。




ブログのマイナーチェンジに合わせ、
儲け分と入金分が分かるようなグラフも導入します。


今しばらくお待ちいただきたく。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月19日の結果は31,306,334円でした。
前日比-321,069円でした。




さて、投入したお給料と総資産が分かれた状態で、
見やすいグラフを作るにはどうすべきか、

エクセルをこねくり回しながらいろいろ考えていたのですが・・

推移
※クリックで拡大します。

ブログを開始した13年3月15日からの、日々の金額推移を
絶対額で表示すると、こんな感じになりました。



・・・うーん・・
なんだかこう、見栄えが良くないですね。


こういうグラフ作りみたいなものは、その人のセンスが
垣間見えるものですが、

少なくとも私にはセンスの欠片もないということが
よく分かります。





そこで、「毎日ではなく、月ごとにして、
どうせなら働き始めた08年4月からの推移を作ってみたらどうだろう」


ということでカチャカチャやってみたらこうなりました。

推移2
※クリックで拡大します


2013年2月までは、(しっかり記録を取っていなかったために)
概数を用いていますので、正確ではないのですが、

概ねの傾向を掴める代物にはなっています。




09年5月に、入金した給与もろとも資産が吹き飛びゼロになった
様子も、一応表現できています。



月一のデータではありますが、
見栄えの上でも、こちらの方が分かりやすいかもしれません。





引き続き多くのブロガー様の表記方法を参考に
改良案を考えますが、

取り急ぎはこんな感じの2つのグラフを更新しようかなぁ
と思っています。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月20日の結果は30,990,400円でした。
前日比-315,934円でした。


こういう軟調な時ほど、個別銘柄をしっかり
調査して仕込んでいくときなのでしょうが、


どの株も、衆院解散前の水準まで逆戻りするほど
安値に沈んでいるわけではなく、

12年9月くらいの株価と比較すると、どうしても
まだ高いと感じてしまいます。



何かネガティブインパクトがあり、日経平均が11,000円くらいまで
ガツンと下がれば、
12年9月を下回る水準まで売り込まれる個別銘柄も出てくる
のでしょう。


そんなシナリオは嫌ですが・・。





とにかく、今は市場から目を離さないようにしながらも、
ひたすら待機の時です。


ポイントは、こういった時期に株に興味を失って
個別銘柄の詮索をおろそかにしてはまずい、ということです。



常に株価は動き続けています。
軟調が続けばじきに、「大バーゲン価格」まで安値に沈む株が
バンバン現れるに違いありません。



・・と自分に言い聞かせています。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月21日の結果は30,712,967円でした。
前日比-277,433円でした。


大多数に先駆けてバーゲン株を見つけておけば、
市場の態度や認識が改善するのを黙って眺めているだけで
短期的な成果を上げられることも多い。

だが時には待つ時間が数年も続く場合もある

たいていの場合バーゲンハンターは下落途中の株を
買うことになる


だから忍耐がどうしても欠かせないし、成功した
バリュー投資家は基本的特性として忍耐力を備えている

テンプルトン卿の流儀(パン・ローリング社-P71)

※リンク先はアマゾンですが、アフィリエイトになっていません。
 アマゾンサイト内のカスタマーレビューなどに目を通すだけでも学べることはあるので、気になる方はぜひどうぞ。



まさに忍耐を試される毎日です。


苦しむ様子をライブでお伝えしている当ブログですが、
こういった時に支えとなるのはやはり、偉人たちの教えです。



テンプルトンは、時に待ち時間が数年に及ぶ場合もあるため、
このゲームで成功するには忍耐が欠かせない、と
言っています。




しかも、しっかり選び抜いて買った株はたいていの場合、買いが早すぎる
ものなのだそうです。


私も心当たりは大いにあります。
現在含み損に突入している株が一つありますが、もっと待ってから
購入すべきだったなぁ・・と思っています。




本格的に株を始めて、長期的視点で選び抜いて買った株がさっそく
含み損になってしまっている場合、

とにかく目先に意識が行ってしまうのですが
そこはグッと堪え、


2年後、3年後、4年後どうなるかを必死に想像するように
努める習慣を持ち続けなければ、と

こんな時は繰り返し思うようにしています。




なにせ、私が今保有している株はすべて、
買ってから数か月はほとんど含み損状態でした。


それでも、確信した通り長期的成長が実現すれば
必ず株価は答えてくれるというのが、

私の投資に対するすべてのベースになっているわけです。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-(1)
8月22日の結果は30,042,188円でした。
前日比-670,779円でした。


大半の億万長者は、将来まで視野に入れて物事を考える。

節約の可能性があるいろいろな行動について、
それを一生続けると損得はどうなるのか、と考える。

こういう考え方が資産形成につながるのだが、
それはどんなことにも倹約を心がける億万長者の一面にすぎない。

なぜ、この人たちはお金持ちになったのか(日経ビジネス人文庫-P309)

※リンク先はアマゾンですが、アフィリエイトになっていません。
 アマゾンサイト内のカスタマーレビューなどに目を通すだけでも学べることはあるので、気になる方はぜひどうぞ。




アメリカで億万長者になった人を調査すると、
意外にもほとんどの人が倹約家だったのだそうです。


ドケチを信奉する私も、こういう客観的なデータはとても
勇気づけられます。

むしろ、まれにコンビニでジュースを買ってしまったりするので、
私はまだまだ節約が足りない・・と思います。









話はずれますが、今回紹介したような類の本を手に取るというのは、
いささか勇気のいることです。


「そんな本を読んでお金持ちになれるなら、もうみんな億万長者になってる。
 ほとんどの人がそうなっていないのが、そんな本を読んでも意味がない
 という何よりの証拠。
 
 そんな本に時間をかけるだけ無駄。」



といった、自分の内から湧き出てくる批判と闘わねば
ならないからです。



少なくとも、人前で読んでいるところは
恥ずかしくて見せられません。

「そんな本を読めば本気で金持ちになれるとでも思っているの?
 プークスクス」

なんてことを言われてしまうのがおちです。



こういった発想は大変気持ちを萎えさせるものですが、
しかし屈してはなりません。





もしそうやって斜に構えて、こういった本から学ばず、
株式投資も「どうせ儲からない」とバカにして真面目に取り組んでいなければ、

私は今の資産を築くことなど到底できていません。




そういった意味で、資産を築く上で
思いのほか大事なのが、斜に構えず、いったん素直に
多くの書籍のアドバイスを受け入れてみる、という姿勢です。


しかし
自分の金がかかっていると、中々素直になれないものです。
そこが資産形成の難しさでもあるなぁと、



また3千万切りそうになって胃が痛くなりながら考えています。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月23日の結果は30,224,601円でした。
前日比+182,413円でした。

本日で一週間が終了しました。今週は
先週末比-1,402,802円(-4.4%)でした。

ブログを始めた13年3月15日からの、
主要株式指標と私の総資産の増加率を比較すると
下記のようになりました。
比較

ブログを始めた13年3月15日からの、
総資産と入金額の絶対額推移は以下のようになりました。
推移





いやー・・大変苦しい推移が続いています。

主要株式指標との比較では一人負け状態。


自分の保有株に自信がなければ、諦めて
手放すのに十分な環境が整っていますね。


こんな時何度でも自分に言い聞かすのが、
「株価ではなく企業業績に注目する」ということです。

ファンダメンタルが約束されていると確信しているから、
私は保有を続けます。






全くどうでもいい話ですが、

「3千万を突破した」と銘打ったブログにも関わらず、
ブログ開始後すでに2度、3千万円陥落をし、まぁ
すぐに盛り返してはいるのですが、

そろそろ、2千万円台がデフォルトになりそうな雰囲気です・・・



いかんせん、当ブログタイトルと、実際の資産の整合性を
毎度気にするのもひどく悲しいので、

ブログランキング撤退後、タイトルももう少し
マシなものにしたほうがいいかもしれません・・・。


しばらくちょこちょことマイナーチェンジ続きますが
何卒ご容赦ください。



SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月26日の結果は30,724,501円でした。
前日比+499,900円でした。

(給与チャージが+282,000円、実質株損益が+217,900円でした)。

※本日は、給与を使って信用取引の一部を現引きしました。保有資産評価の
 表示が変動していますが、新規売買は行っていません。




お給料が入りましたので、最低限の生活費だけ除き、残りを
株口座に投入しました。





いままで、ずいぶんな金額を入金し続けてきました。
現時点の総資産の約3分の一、1千万円超がお給料です。




普通の感覚で言えば、どうかしてるとしか思えない、
死に急いでいるようにしか見えない投資スタイルです。


もし何かの拍子に株が大暴落すれば、
「給料の大部分を株に突っ込み続けるなんて、やはり常軌を逸した
 資産運用だった。ある程度は貯金しておけばよかった・・・」

などと嘆き悲しむのは目に見えています。





それでも、毎日この恐怖と闘いながら、

「30歳になるまでは、失敗は取り戻せる(と思う)から、
 それまではとにかく必死に学んで、大きく勝負しよう」

という決意を胸に
ひたすら全体重を株に乗せた資産運用を続けています。




犠牲にすることも多く、心理的にも常に重たいものを感じ、
報われる保証もないわけですが、

真剣に取り組む価値は十分あると、そう信じ続けています。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月27日の結果は30,496,967円でした。
前日比-227,534円でした。


入金しても入金しても吹き飛びます。


昨晩はアメリカの株がクソあまり調子が良くなかったようで、
もうだめかもしれません。





そして全くもってどうでもいいことに
私はひどく風邪をひいてしまい、

なんだかいろいろとヤケクソな感じです。



体調が悪いとより一層、気持ち的に踏ん張りがきかなくなり
株の損失が身に堪えます。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月28日の結果は29,557,667円でした。
前日比-939,300円でした。




もう、このブログは
「株式投資で資産3000万を突破してない85年生まれのワープアが
億り人を目指す」

などといった名前に変えるべきですね。
大変悲しいですが、マイナーチェンジに合わせ、8月末に
少しタイトルに手を加えようと思います。



本当に申し訳ない限りです。







しかし嘆いてばかりもいられません。
いよいよ、監視を続けている銘柄群が安くなってきました。


本腰入れて、株発掘作業の気合を入れなおす
時期に来ていると感じています。









役に立たないことばかり言っていても仕方ないので、
私の銘柄選別の基準をざっくり書きます。

■成長はゼロかマイナスで、新規参入やイノベーションが
 ほとんど起こらず、地味で競争があまりない

という業界に属していて、


■・景気変動に関係なく、流行り廃りのない安定した商品・サービス
 ・寿命の極めて長い商品・サービス
 ・景気変動に関係なく、利用し続けなければいけない商品・サービス

をB to Cで安価に提供していて、


■パテントや特許、ブランドや独特の技術、マネジメント

などにより商品、サービスが他社と差別化出来ていて
(他社が真似できず)、


■まだ小企業で成長余地がたくさんあり、
 しかし小さいが故に注目されていない

といった企業が、


■順調に毎年15%~20%成長していて、
 その「成長パターン」をかなりはっきり見出すことができ、
 その成長が少なくとも5年単位で継続しそう

だといったことが、かなりの確度で確信でき、


■PER6倍以下、PBR0.5倍以下

といった水準で放置される。




さらにできれば、


■配当や優待は最小限に抑え、余剰金を事業拡大へ再投資
 している。
■地味、あるいはダサイ名前の会社。
■多角化せず、1つの事業に集中している。
■地方展開に積極的。
■本社ビルは質素。
■有利子負債がナシか少ない。
■成長が続いているのに、相場の雰囲気に飲まれ
 数年来安値に株価が沈んでいる。


さらに欲を言えば、

■信用売り残が積み上がり、大きな買い戻しの素地がある。
■相場のアノマリーとして安値に沈みやすい時期を狙う。
■狙っている株には関係のない社会的事件により相場が大きく
 崩れ、連れ安するタイミングを狙う。
■買い残が大きく減り、売り圧力が小さくなっている。
■チャートに岩の心電図が現れる。






などといった条件が合わされば、最高です。






来月からは、すこーしずつ、個別銘柄についても
ちょろちょろ書こうかと思っていますが、

基本的には、上記のような銘柄が私のターゲットです。






もちろん、一時的な特損が出ているだけ、といった場合は
PERが高くても対象になりますし、

同じくPERが高くても、すばらしい成長と今後の見通しに確信が
持てれば、基準を緩めて購入候補に入ります。




成長や先行きの見通しはいまいちでも、それを上回るくらい
猛烈な安値に沈んでいる場合も当然購入を検討しますし、


成長は気にせず、その潤沢な資産に着目して
買いに走ることもあります。



景気の波や流行り廃りに翻弄される商品・サービスであっても、
その波の初動を掴んだと自身が思える時は、長くても数年の保有を前提に
「当てに行く」投資も検討します。




結局、大まかな条件は持ちつつも、最後はケースバイケースです。





非常に、非常に長丁場のゲームですから、
途中で疲れ果てないように、頑張っていきたいと思います・・。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月29日の結果は29,255,546円でした。。
前日比-302,121円でした。



SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-


今日は会社を休み、
今まで布団にくるまって死んでいました。


先ほど布団から這い出し、今日の株の結果をみて、
より一層死にそうです。



前月対比とかグラフの更新とか
いただいたメールのお返事などなどは、

明日、きっと多少は復活しているでしょうから
明日いたします。


画像だけで大変恐縮です。
本当にありがとうございました。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月30日の結果は29,013,119円でした。
前日比-242,427円でした。

本日で一週間が終了しました。今週は
先週末比-1,211,482円(-4.1%)でした。

ブログを始めた13年3月15日からの、
主要株式指標と私の総資産の増加率を比較すると
下記のようになりました。
比較

ブログを始めた13年3月15日からの、
総資産と入金額の絶対額推移は以下のようになりました。
推移



本日で8月の相場は終了しました。今月は
前月比-4,500,435円(-13.43%)でした。

現時点で昨年末と比較をすると
前年末比+1,013,119円(+3.62%)でした。


※12年末時点の総資産は正確に記録していませんでしたので、概数である
 28,000,000円との比較で算出しています。

※毎月給与の一部も証券口座に繰り入れており、また配当も再投資していますので、
 総資産は「株式損益+繰り入れ給与+配当」となります。何卒ご了承ください。



社会人になってからの、毎月の総資産と入金額の絶対額推移は
以下のようになりました。
推移2
※2013年2月までは正確な記録がないため、概数を用いてグラフを作成しています。




体調はいくばくかよくなりました。

ただでさえ雑なブログ更新が一層雑になっており、
ご迷惑おかけしています。



しかし結果をまとめてみると、改めてひどいです。
今だ年初来対比で黒字となっているのが信じられないほど、
コテンパンにやられています。



株でお金を失うことは、恥ずかしいことではない。
みんなしている。

恥ずかしいことは、ファンダメンタルが悪化しているのに、
株を持ったままにしておくこと、さらに悪いことは、
買い増すことである。

ピーター・リンチの株式投資の法則(ダイヤモンド社-P165)

※リンク先はアマゾンですが、アフィリエイトになっていません。
 アマゾンサイト内のカスタマーレビューなどに目を通すだけでも学べることはあるので、気になる方はぜひどうぞ。



こんなときは、やはり原点に返ります。
大事なのは株価の行方ではなく、企業のファンダメンタルの行方に
集中するよう努めることです。



確かに、
PER40とか50倍の時に買うなど、あまりに高値掴みをしてしまえば、
いくらファンダメンタルが抜群でも
大儲けには繋がりにくいと思います。

しかし、妥当な値段で買えたにもかかわらず含み損に
陥っている場合は、
ファンダメンタルさえ約束されていれば必ず報われます。

それが、どれだけ損し続けても私が保有を続ける唯一の理由です。




しばらく前にも書きましたが、株価の動きと
企業の業績は、短期的には何の関係もありません。

注目する人の少ない、中小企業ほどそうです。
ごく一部の人が投げれば、妥当な水準を大きく下回って
株価は下落します。



そしてここに大きなチャンスが生まれます。



こんな時は、例えば上限PER8倍程度で株のスクリーニングを
かけ、

その中で分かりやすい、先の見通しやすい、そして何より
大きく成長している会社を丁寧に探して行けば、

魅力的な銘柄を見つけられる可能性は十分あります。







プロフィール
■名前;ランプアイ
■生まれ;1985年で現在31歳
■基本投資スタイル;長期投資
詳細ははじめに

総資産推移(貯金含む);
08年04月;20万(入社)
08年末 ;100万(株開始)
09年末 ;80万
10年末 ;400万
11年末 ;800万
12年末 ;2,800万
13年末 ;3,552万
14年末 ;4,598万
15年末 ;7,917万
16年末 ;10,058万
--------------------

総資産推移グラフ
スポンサーリンク
最新記事
逆アクセス
全記事タイトル一覧
ブログ内検索
カテゴリ(新しい順表示-2件ずつ)
月別アーカイブ(古い順表示-各月全件)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。