RSS
Archive

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-(1)


2015年5月の実績です。

総資産は67,221,137円となりました。
先月末比+6.3%(+3,990,304円)でした。
年初来比+46.2%(+21,238,510円)でした。


内訳は、

■株口座が58,504,084円でした。
 先月末比+3,715,031円でした。
 年初来比+18,642,869円でした。

■貯金口座が8,717,053円でした。
 先月末比+275,273円でした。
 年初来比+2,595,641円でした。


社会人になってからの月次総資産推移は下記のようになりました。
Clipboard01_2015060619440758c.jpg






更新遅れましてすみません。
いまさら5月の実績です・・。

Clipboard01_20150606194938c39.jpg


出張でございました。
土日も会食とか移動があると、厳しいものです。



が、

あまり忙しいことを強調すると、

26a4a4e2.gif
すなお(27)の惚れさせ名言(地獄のミサワの女に惚れさす名言集;2009.12.30)



大変に難儀な人になってしまうので、謙虚さが大事です。
なんにせよすみませんでした。






かろうじて、5月末の口座のスクリーンショットだけは撮っておいたので、
そいつを更新したんですが、


13連騰?とやらのお祭りのことは全く知らず、
そもそも株のことに思いを巡らす時間もなく、



とりあえず気づけばプラス着地でした。
はー、何だかよくわかりませんがめでたい。




人生最高値は、15年3月19日の6,986万円なので、
その辺まで行くといいですね。まぁきっといかないでしょうけどね。






あとは、5月は
私的な出費が多く、貯金口座の積み上がりがひどく鈍りました。
こいつは大変な痛手ですが、まぁ仕方ありません。









しかしなんだか、チキンレースみたいな雰囲気になっていますかね?
日経平均は20,460円なんだそうです。



このままズンズン上がり続けるとは思えないのですが、
そういう時に限って上がったりするので、予測するのは虚しいわけですが、


今の時期に手放す人は、後々振り返れば
完璧なタイミングでレースを降りたと、崇められるのかもしれませんね。



まぁ私は相変わらず絶滅投資法を続けるしかありませんが・・。


スポンサーサイト

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-


15年6月5日(金)の結果です。

総資産は68,028,794円となりました。
先週末比+1.2%(+807,657円)でした。
先月末比+1.2%(+807,657円)でした。
年初来比+47.9%(+22,046,167円)でした。


内訳は、

■株口座が58,738,784円でした。
 先週末比+234,700円でした。
 先月末比+234,700円でした。
 年初来比+18,877,569円でした。

■貯金口座が9,290,010円でした。
 先週末比+572,957円でした。
 先月末比+572,957円でした。
 年初来比+3,168,598円でした。











そういえば、ボーナスの時期でしたね。
ありがたいありがたい。


まぁきっと、
sell in Mayがなかった代わりに、sell in Juneがあったりして、
すぐ吹き飛ぶんでしょうけどね!







にしても、会社によっては
すさまじい額のボーナスが支給されているようでして、

1位は大塚製薬。大塚ホールディングス傘下の医薬品会社で、
ボーナス年間支給額は372万円。

夏・冬の2回支給という前提なら1回当たり186万円という高額だ。


2位には、鉄鋼大手、JFEホールディングス傘下のJFEエンジニアリング
が入った。
支給額は363万円、7.7カ月分の月給に当たる。


300万円以上の企業は6社で、200万円以上だと84社だ。

格差激烈!これが「賞与の多い」トップ200社(東洋経済ONLINE;2015.6.4)




300万とか聞くと萎えますね。



そういえば、
すばらしい会社に入っていった大学の同期達と、時々それとなく
お給与の話をするときも、

まだ29歳だというのに、私よりはるかにもらっていることが
判明したりして、

これまた萎えますね。









いやまぁ、とりあえずボーナスも
もらえるだけで丸儲けなんですけどね!




なにせ、この2年くらいは株式市場は穏やかな日々が続いていますが、

時に株というものは確たる理由もなく
あっさり50%も60%も下落するような代物ですので、



そういった変動のない、安定して入ってくるお給料は、
株の利益とは別のものとして、大事に管理をしていかねばなりません。






それに、さらに踏み込んでいえば、
給料の多寡について
5万多いとか、10万少ないとか、そういう議論をするというのは、


奴隷の鎖自慢に通じるところがありますので、
あまり素敵な心がけとは言えないかもしれません。




奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、
驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。

「奴隷の鎖自慢」(YAHOO!知恵袋 ; 2009.2.13)





給与所得で生活するサラリーマンも、それは奥深い生き方であって、
昔の奴隷とは全然意味合いが違うわけですが、



しかしながら、その給料のみに依存することなく、
いろいろな方法で人生を複線化していくことはとても大事だと思うわけであります。
そうすれば、きっと他人の儲けに一喜一憂しなくなるんじゃなかろうか。





まぁそんなこと言いつつ、
他人より給料少ないとへこみますけどね!








私は、セミリタイアとか全然考えていない(というかたぶんできない)んですが、


早期リタイアを目指して真剣に資産運用に取り組んでおられる
方々にとっては、

鎖自慢に終始する世間の風潮とも戦っていかなければならないわけで、
心理的にも大きな負担であろうと想像します。




何事も忍耐が試されるなぁと、いつも思います。。





SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

15年6月12日(金)の結果です。


総資産は69,469,966円となりました。
先週末比+2.1%(+1,441,172円)でした。
先月末比+3.3%(+2,248,829円)でした。
年初来比+51.1%(+23,487,339円)でした。


内訳は、

■株口座が60,230,548円でした。
 先週末比+1,491,764円でした。
 先月末比+1,726,464円でした。
 年初来比+20,369,333円でした。

■貯金口座が9,239,418円でした。
 先週末比-50,592円でした。
 先月末比+522,365円でした。
 年初来比+3,118,006円でした。




はー、なんとかよい数字が維持されています。
7,000万円という大台は寸止めになっていますが・・



しかし順調な日々が続くほど、今後来るであろう厳しい冬の時代が
辛いものになるわけでして、


3千万円台、いや2千万円台くらいまでは、当たり前のように
落ち込むことは覚悟しているものの、


さんざん持ち上げられたうえで落されると、
悲しみも倍増するというものです。









私は長期的には楽観的ですが、
短期的には悲観的な所があり、


なんだかいつも後ろ向きなこと言ってる気がしますが、

心理学的に言えば、予防線を張るというのは「セルフ・ハンディキャッピング」というそうで、
あまりよろしくないんだそうですな。



ykcl75-0007.jpg
第63回「『私、バカだから』と言う人の正体。 セルフ・ハンディキャッピング」
(ゆうメンタルクリニック池袋西口院 渋谷・新宿・上野・秋葉原 心療内科・精神科 ; 2013.2.27)





というわけで、極力
「いける!絶対一億円達成するぞ!うおおおお!」

というように心がけねばなりませんな!














さて、私なんぞのことはどうでもいいのですが、


四季報オンラインで外国人投資家の比率が増えた株の
リストがでていましたね。


img_4f1fa11fb7ffabe7997ef532007c15a0376644.jpg


日本株の売買金額のうち60%以上を海外投資家が占めており、海外投資家が買う銘柄は
上値を追いやすいため注目されている。
(中略)

 東洋経済は、半期ごとに上場企業の全社にアンケートを送付し、
外国人持ち株比率を独自に調査している。

この調査結果を使い、
外国人持ち株比率が前回調査時点から5%以上増加した銘柄を抽出した。

外国人がこの半年で買ったのはこの88銘柄だった! 持ち株増加率ランキング(会社四季報ONINE ; 2015.6.10)





中々マイナーな会社が多く登場しておりまして、
興味深いものがありますね。


88銘柄の中には、個人投資家好みの株もたくさん登場しているようです。


日経225に群がるだけではなく、
丁寧にいろんな株を拾う戦略の外国勢がいることがわかりますね。



四季報も発売されたことですし、
少なくとも私のどうでもいいブログよりはよほど役に立つに違いありません。



SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-


15年6月19日(金)の結果です。

総資産は76,118,057円となりました。
先週末比+9.6%(+6,648,091円)でした。
先月末比+13.2%(+8,896,920円)でした。
年初来比+65.5%(+30,135,430円)でした。


内訳は、

■株口座が66,824,978円でした。
 先週末比+6,594,430円でした。
 先月末比+8,320,894円でした。
 年初来比+26,963,763円でした。

■貯金口座が9,293,079円でした。
 先週末比+53,661円でした。
 先月末比+576,026円でした。
 年初来比+3,171,667円でした。






なんともありがたいことに、一部保有株が
頑張ってくれたようで、総資産7千万を突破しているようです。




1週間で600万円くらい吹き飛ぶことは多々あるわけでして、
たまには逆に、こうやって上がる時もあるのでしょうが、


まぁ、なんにせよ利益確定するまでは単なる記号なので、
あまり喜ぶわけにもいきません。



むしろ今日は、後から振り返った時に「あんとき利益確定しておきゃよかった!!」
と後悔するだけのブログ記事になりそうな予感がしますね!



それでも、規律に反するので売却はしないんですけれども・・。






余談ですが、
ブログで掲げている1億という目標は、額面なのか手取りなのか、
どっちにすべきなんでしょうかね。

普通は手取りでしょうかね。このブログでは額面でいつも表示していますが、
そうなるとおそらく額面で1.2億くらいで、目標達成ということになるんでしょうか。



あと2400万で1億だ!なんぞと一瞬思ったのですが、
実際はまだ5000万くらいは増えないと、到達しないですね。

先は長そうです(そしてきっとその時は訪れない)。



まぁ、こういうしょうもない皮算用は死亡フラグなので
ほどほどにしないとだめですね。













さて、
順調に利益を増やしている局面では、
「これは単なるマグレなのか、あるいは実力なのか」といった
疑問が、不安とともに頭をよぎるものです。

1: 名無しさん 2015/05/09(土)23:19:31

上げ下げを予測するとか無理でしょ
損きりルールの徹底で儲かるなら機械ですら儲けられるし
いまいちおう、プラス運用してるけどこれっていう勝ち方は見出せない
結果論で勝ってる感がつよい

株とかFXって運以外に儲ける要素あるの? (株ログNEWS ; 2015.5.19)




運でも何でも儲けたもん勝ちだというのが、私の個人的な
思いではありますが、それは置いておくとして、



答えとしては、

「最後は運だけど、自分がコントロールできる部分に、
歴史の審判を耐え抜いた再現性の高い手法を当てはめれば、

単なるコイン投げと違い、長期的には有意な差を生み出せる、気がする。」


と私は思っています。






理由なんですが、私なんぞのへっぽこな戯言より、
バフェットの有名なオランウータン理論を引用するのが一番でしょうから、
備忘録かねて記載しておくことにします。



まずはみなさんに全国民的コイン投げ大会が行われことを想像してもらいたいと
思います。

二億二五〇〇万人の全アメリカ国民に対して、明朝、各々一ドルずつ掛け金を
出すように頼みます。

人々は日の出とともに外に出て、表か裏かを声に出して一斉にコインを投げます。
予想が当たった人は、外れた人から一ドルもらいます。
当たって得たおカネは、すべてが翌日の掛け金に回されます。

一〇回目のコイン投げが終わった一〇日目の朝には、およそ二二万人の
国民が勝ち残り、


その全員が一〇〇〇ドル余りを手にしていることになります。




さらに10日ほどゲームが進めば、勝ち残る人は215人まで減り、
彼らは100万ドル以上のお金を手にすることになる、とバフェットの説明は続きます。


このころには、勝者たちはもう正気を失っています。
「二〇日間、毎朝三〇秒の労働で、一ドルを一〇〇万ドルにする方法」という
タイトルで本を書く人さえ現れるはずです。




もちろん、勝者の書いた本が全く役に立たないことは
すぐにわかります。動物が同じように実施しても、同じ結果になるからです。


つまり、
二億二五〇〇万匹のオランウータンに同様のことをやらせても、
結果はほとんど同じ――二〇回連続で勝ち抜いた二一五匹の
自己中心的なオランウータンが残る――であろうと。




しかし実際には、このオランウータンは特定の場所に集中していると
バフェットは言います。

もしも
(A)二億二五〇〇万匹のオランウータンを、米国民とほぼ同様の人口分布で
全国に分散させ、
(B)二一五頭が二〇日後に勝ち残り、
(C)そのうちの四〇匹がネブラスカ州オマハのある特定の動物園にいる
オランウータンだとすれば、

何か理由があるとみんなが確信するはずです。





株式投資などオランウータンがやっても
結果に差はない、とする主張に反論するポイントがここにあります。

投資の世界におけるコイン投げの勝者が、「グレアム・ドッズビル」という名の
とても小さな知性の村に集中していることに、
みなさんは気づかれることでしょう。

偶然では説明のつかない勝者の集中に関して調べれば、
この知性の村にたどり着くはずなのです。





自分は単なるオランウータンなのか、それとも
知性の村に属するオランウータンなのか、

「足元儲けが出ている」という事実だけでは違いは
分かりませんが、
両者は全く性質が異なることは容易に想像できます。



こういう理屈から、「株などギャンブルで勉強など無意味」とする
意見に私は反対であって、
40匹がいる特定の動物園に入りたいと、日々勉強しているわけです。


きっとこの40匹に入った時が、本当に実力が付いた時と
言えるのだと思います。





まぁ、私は単なるオランウータンでしょうけどね!






いずれも引用先は、Pan Rolling社のサイト『賢明なる投資家』内の、
補遺 ウォーレン・バフェットなどです。

パンローリング社がオフィシャルに全文掲載していますので
ぜひどうぞ。



SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-



総資産は75,648,225円となりました。
先週末比-0.6%(-469,832円)でした。
先月末比+12.5%(+8,427,088円)でした。
年初来比+64.5%(+29,665,598円)でした。



内訳は、

■株口座が65,823,405円でした。
 先週末比-1,001,573円でした。
 先月末比+7,319,321円でした。
 年初来比+25,962,190円でした。

■貯金口座が9,824,820円でした。
 先週末比+531,741円でした。
 先月末比+1,107,767円でした。
 年初来比+3,703,408円でした。







今回は、配当金が5,000円ほど入りました。
とても嬉しい。


これから株式投資を始める方や、始めたばかりの人は、
株式投資での売買や損益の感覚が日常での金銭感覚寄りで、

例えば30万円の投資に対して、1万円の利益で満足したり、
1万円の損失でハラハラしたりすると思いますが、

資産運用の中では日々の損益に鈍感になっていったほうがプラスの運用成果に
結びつきやすいと思います。

資産運用上の金銭感覚は鈍感に。(サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。;2015.6.25)



配当金は何だか、弐億貯男氏の言う
「日常での金銭感覚」に近い代物のような気がして、

それこそ空から5,000円札が降ってくるような気持ちになりますね。
はーありがたい。





まぁ、だからといって運用の方は、氏の言うように
鈍感の境地に達することなどできるはずもなく、

今週吹き飛んだ100万円を思い、
私はいつものようにしょんぼりしています。













さて、仕方ないので統計の興味深い世界について
書いておきます。

グラフ

読者の方々の目には、ここに描かれた株価は何らかの
パターンに従って動いているように映るだろう。


株価ははじめ上昇した後、下落に転じ、その後も下げが続いた。
しかし、ここで市場は強気に転じ、株価は新たな上昇局面を迎えた。

この株価チャートを見て大半の人は、このようなコメントを
自明のものとして受け取るだろう。

ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理(日本経済新聞出版社 P177)

※リンク先はアマゾンですが、アフィリエイトになっていません。
 アマゾンサイト内のカスタマーレビューなどに目を通すだけでも学べることはあるので、気になる方はぜひどうぞ。




しかし実際には、このグラフはある架空の銘柄の値動きだと
著者は言います。


その銘柄は、当初五〇ドルで取引されており、
その後は、取引日ごとにコインを投げ、その結果によって終値を
決めることになっていた。


コインを投げた結果が表であれば終値は前日のそれよりも五〇セント上昇し、
逆に裏が出れば株価は五〇セント下がるという具合である。

上記のチャートは、実は、この実験の結果作られた架空の
株価チャートの中の一つなのである。

ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理(日本経済新聞出版社 P177)

※リンク先はアマゾンですが、アフィリエイトになっていません。
 アマゾンサイト内のカスタマーレビューなどに目を通すだけでも学べることはあるので、気になる方はぜひどうぞ。



これはびっくりですね。
コイン投げなんぞ確率は2分の1だと小学生でも知っているわけで、
もっとランダムな動きをするのかと思いきや、


短期的には、なにやらトレンドが生まれているかのような、
説明不能な動きをするというすごく興味深い実験です。







短期的な株の動きもコイン投げと同じようなもの
と私は思っていますが、

人はそこにいろんな規則性を見出してしまいます。


私は株を始めたころ、100万円程度の元手から
短期間で700万円まで資産を膨らませることに成功しました。


その後すぐに全財産を吹き飛ばすわけですが、

吹き飛ばすまでは、100万円→700万円にした「ノウハウ」に、
当時の私は強い自信をもっていました。

短期投資から長期投資に変えるのも悪くない(85年生まれサラリーマンが株式投資で億り人を目指す;2013.6.20)




私の「ノウハウ」も、コイン投げゲームで見出した意味のない規則性に
依存していたのだと、今になると思います。



短期投資で長く結果を出している方は、きっと単なるコイン投げとは違う、
何かこう、すごい叡智を獲得しているのでしょうが、



私のような、コイン投げの勝負に終始してしまい結果が出なかった方は、
ぜひいろんな考え方に触れてほしいなぁと思っています。




SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

2015年6月の実績です。

総資産は74,530,267円となりました。
先月末比+10.9%(+7,309,130円)でした。
年初来比+62.1%(+28,547,640円)でした。



内訳は、

■株口座が64,812,591円でした。
 先月末比+6,308,507円でした。
 年初来比+24,951,376円でした。

■貯金口座が9,717,676円でした。
 先月末比+1,000,623円でした。
 年初来比+3,596,264円でした。


社会人になってからの月次総資産推移は下記のようになりました。

Clipboard01_201506301726009d4.jpg

グラフの説明です。

----
■青色は、これまでに投入した給与と配当です。1422万円です。

 ・2014年2月以降、給与の入金はやめていますが、
  配当が引き続き投入されていますので、配当支払いの時少しだけ増えます。



■赤色は、この1422万円を使って出した儲けです。
 現在までに確定利益が384万円、含み益が4675万円、合わせて5059万
 儲けがでています。

 ・赤と青を足した6481万円が、いつも貼っている株口座画像の金額となります。
 ・2割の税金を無視すると、元本比4.56倍(=6481万/1422万)ということになります。
 



■緑色が貯金口座です。現在972万円です。

 ・2014年2月以降、給与系はすべてこちらに積み上げています。
 ・貯金口座は、財形など複数に散らばっているので画像表示はしていません。




当面はこの緑部分を積み上げることに注力し、もしもの時に備えようと思っています。
------








さて、先週末と比較すると、

株は100万円のマイナス、
貯金口座はカード引き落としで11万円のマイナスです。


ギリシャ、ソニー増資、プエルトリコなど、何だかいろいろ
揺れていますが、
とりあえず私のダメージは、この二日間100万で済んでおり、


月次では良い数字を記録できたようです。





まぁ、7000万円台なんぞ単なる瞬間風速記録で、
すぐに陥落するんでしょうけどね!







はー、しばらくは、ただ損が増えるのを眺めるだけのダメブログになるかも
しれませんが、

たしかどこかの偉い人が、

「人類はこれからも発展を続けるという信念を持てなければ、株式投資などやるな!」


みたいな、なんだかすごくかっこいいことを言ってたので、


私は人類が滅亡しない方に賭けて、
これからもじっくり構えようと思います。








プロフィール
■名前;ランプアイ
■生まれ;1985年で現在31歳
■基本投資スタイル;長期投資
詳細ははじめに

総資産推移(貯金含む);
08年04月;20万(入社)
08年末 ;100万(株開始)
09年末 ;80万
10年末 ;400万
11年末 ;800万
12年末 ;2,800万
13年末 ;3,552万
14年末 ;4,598万
15年末 ;7,917万
16年末 ;10,058万
--------------------

総資産推移グラフ
スポンサーリンク
最新記事
逆アクセス
全記事タイトル一覧
ブログ内検索
カテゴリ(新しい順表示-2件ずつ)
月別アーカイブ(古い順表示-各月全件)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。