RSS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月28日の結果は29,557,667円でした。
前日比-939,300円でした。




もう、このブログは
「株式投資で資産3000万を突破してない85年生まれのワープアが
億り人を目指す」

などといった名前に変えるべきですね。
大変悲しいですが、マイナーチェンジに合わせ、8月末に
少しタイトルに手を加えようと思います。



本当に申し訳ない限りです。







しかし嘆いてばかりもいられません。
いよいよ、監視を続けている銘柄群が安くなってきました。


本腰入れて、株発掘作業の気合を入れなおす
時期に来ていると感じています。









役に立たないことばかり言っていても仕方ないので、
私の銘柄選別の基準をざっくり書きます。

■成長はゼロかマイナスで、新規参入やイノベーションが
 ほとんど起こらず、地味で競争があまりない

という業界に属していて、


■・景気変動に関係なく、流行り廃りのない安定した商品・サービス
 ・寿命の極めて長い商品・サービス
 ・景気変動に関係なく、利用し続けなければいけない商品・サービス

をB to Cで安価に提供していて、


■パテントや特許、ブランドや独特の技術、マネジメント

などにより商品、サービスが他社と差別化出来ていて
(他社が真似できず)、


■まだ小企業で成長余地がたくさんあり、
 しかし小さいが故に注目されていない

といった企業が、


■順調に毎年15%~20%成長していて、
 その「成長パターン」をかなりはっきり見出すことができ、
 その成長が少なくとも5年単位で継続しそう

だといったことが、かなりの確度で確信でき、


■PER6倍以下、PBR0.5倍以下

といった水準で放置される。




さらにできれば、


■配当や優待は最小限に抑え、余剰金を事業拡大へ再投資
 している。
■地味、あるいはダサイ名前の会社。
■多角化せず、1つの事業に集中している。
■地方展開に積極的。
■本社ビルは質素。
■有利子負債がナシか少ない。
■成長が続いているのに、相場の雰囲気に飲まれ
 数年来安値に株価が沈んでいる。


さらに欲を言えば、

■信用売り残が積み上がり、大きな買い戻しの素地がある。
■相場のアノマリーとして安値に沈みやすい時期を狙う。
■狙っている株には関係のない社会的事件により相場が大きく
 崩れ、連れ安するタイミングを狙う。
■買い残が大きく減り、売り圧力が小さくなっている。
■チャートに岩の心電図が現れる。






などといった条件が合わされば、最高です。






来月からは、すこーしずつ、個別銘柄についても
ちょろちょろ書こうかと思っていますが、

基本的には、上記のような銘柄が私のターゲットです。






もちろん、一時的な特損が出ているだけ、といった場合は
PERが高くても対象になりますし、

同じくPERが高くても、すばらしい成長と今後の見通しに確信が
持てれば、基準を緩めて購入候補に入ります。




成長や先行きの見通しはいまいちでも、それを上回るくらい
猛烈な安値に沈んでいる場合も当然購入を検討しますし、


成長は気にせず、その潤沢な資産に着目して
買いに走ることもあります。



景気の波や流行り廃りに翻弄される商品・サービスであっても、
その波の初動を掴んだと自身が思える時は、長くても数年の保有を前提に
「当てに行く」投資も検討します。




結局、大まかな条件は持ちつつも、最後はケースバイケースです。





非常に、非常に長丁場のゲームですから、
途中で疲れ果てないように、頑張っていきたいと思います・・。
関連記事




プロフィール
■名前;ランプアイ
■生まれ;1985年で現在32歳
■基本投資スタイル;長期投資
詳細ははじめに

総資産推移(貯金含む);
08年04月;20万(入社)
08年末 ;100万(株開始)
09年末 ;80万
10年末 ;400万
11年末 ;800万
12年末 ;2,800万
13年末 ;3,552万
14年末 ;4,598万
15年末 ;7,917万
16年末 ;10,058万
17年末 ;15,353万
--------------------

総資産推移グラフ
スポンサーリンク
最新記事
逆アクセス
全記事タイトル一覧
ブログ内検索
カテゴリ(新しい順表示-2件ずつ)
月別アーカイブ(古い順表示-各月全件)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。