RSS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
8月30日の結果は29,013,119円でした。
前日比-242,427円でした。

本日で一週間が終了しました。今週は
先週末比-1,211,482円(-4.1%)でした。

ブログを始めた13年3月15日からの、
主要株式指標と私の総資産の増加率を比較すると
下記のようになりました。
比較

ブログを始めた13年3月15日からの、
総資産と入金額の絶対額推移は以下のようになりました。
推移



本日で8月の相場は終了しました。今月は
前月比-4,500,435円(-13.43%)でした。

現時点で昨年末と比較をすると
前年末比+1,013,119円(+3.62%)でした。


※12年末時点の総資産は正確に記録していませんでしたので、概数である
 28,000,000円との比較で算出しています。

※毎月給与の一部も証券口座に繰り入れており、また配当も再投資していますので、
 総資産は「株式損益+繰り入れ給与+配当」となります。何卒ご了承ください。



社会人になってからの、毎月の総資産と入金額の絶対額推移は
以下のようになりました。
推移2
※2013年2月までは正確な記録がないため、概数を用いてグラフを作成しています。




体調はいくばくかよくなりました。

ただでさえ雑なブログ更新が一層雑になっており、
ご迷惑おかけしています。



しかし結果をまとめてみると、改めてひどいです。
今だ年初来対比で黒字となっているのが信じられないほど、
コテンパンにやられています。



株でお金を失うことは、恥ずかしいことではない。
みんなしている。

恥ずかしいことは、ファンダメンタルが悪化しているのに、
株を持ったままにしておくこと、さらに悪いことは、
買い増すことである。

ピーター・リンチの株式投資の法則(ダイヤモンド社-P165)

※リンク先はアマゾンですが、アフィリエイトになっていません。
 アマゾンサイト内のカスタマーレビューなどに目を通すだけでも学べることはあるので、気になる方はぜひどうぞ。



こんなときは、やはり原点に返ります。
大事なのは株価の行方ではなく、企業のファンダメンタルの行方に
集中するよう努めることです。



確かに、
PER40とか50倍の時に買うなど、あまりに高値掴みをしてしまえば、
いくらファンダメンタルが抜群でも
大儲けには繋がりにくいと思います。

しかし、妥当な値段で買えたにもかかわらず含み損に
陥っている場合は、
ファンダメンタルさえ約束されていれば必ず報われます。

それが、どれだけ損し続けても私が保有を続ける唯一の理由です。




しばらく前にも書きましたが、株価の動きと
企業の業績は、短期的には何の関係もありません。

注目する人の少ない、中小企業ほどそうです。
ごく一部の人が投げれば、妥当な水準を大きく下回って
株価は下落します。



そしてここに大きなチャンスが生まれます。



こんな時は、例えば上限PER8倍程度で株のスクリーニングを
かけ、

その中で分かりやすい、先の見通しやすい、そして何より
大きく成長している会社を丁寧に探して行けば、

魅力的な銘柄を見つけられる可能性は十分あります。



関連記事




プロフィール
■名前;ランプアイ
■生まれ;1985年で現在32歳
■基本投資スタイル;長期投資
詳細ははじめに

総資産推移(貯金含む);
08年04月;20万(入社)
08年末 ;100万(株開始)
09年末 ;80万
10年末 ;400万
11年末 ;800万
12年末 ;2,800万
13年末 ;3,552万
14年末 ;4,598万
15年末 ;7,917万
16年末 ;10,058万
17年末 ;15,353万
--------------------

総資産推移グラフ
スポンサーリンク
最新記事
逆アクセス
全記事タイトル一覧
ブログ内検索
カテゴリ(新しい順表示-2件ずつ)
月別アーカイブ(古い順表示-各月全件)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。