RSS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-(1)
10月11日の結果は36,814,219円でした。
前日比+56,600円でした。

本日で一週間が終了しました。今週は
先週末比+1,236,470円(+3.5%)でした。

ブログを始めた13年3月15日からの、
主要株式指標と私の総資産の増加率を比較すると
下記のようになりました。
比較

ブログを始めた13年3月15日からの、
総資産と入金額の絶対額推移は以下のようになりました。
推移

相変わらず値動きはふらふらしています。
ただ、ブログを始めたころに比べ、ずいぶん値動きがマイルドに
なってきました。

とりあえずは安心して仕事に集中できるというものです。





10億ドル企業が売り上げを倍増させるのは簡単だが、

500億ドル企業があと500億ドルをビジネスで
稼ぎ出せる市場がどこにあるというのか?
―ジェイソン・ツバイク

新 賢明なる投資家 上
(パン・ローリング社-P323)

※リンク先はアマゾンですが、アフィリエイトになっていません。
 アマゾンサイト内のカスタマーレビューなどに目を通すだけでも学べることはあるので、気になる方はぜひどうぞ。



確かに単純な話で、巨大企業になるほど
それ以上の成長は期待しにくくなります。



株価が上昇するかどうかは結局のところ、
企業の成長如何によるわけですから、

やはり長期的には間違いなく、小型の株の方が大きな成長が
期待できるわけです。



しかし一方で、無名の小型株は巨大企業に比べ安定性に欠けると
一般的に認識されており、
流動性の低さなども手伝って、株価は過小評価される
ケースが多い。



その結果、「実際の増益率」が高く出る可能性がある一方、
「投資家の期待」は低く抑えられているという、

ジェレミー・シーゲルの言う「実際の増益率と期待の格差」
が非常に大きくなるパターンが現れやすい母集団でもあります。




こういった理屈をすべての土台として、私はいつしか無名の会社に
資金を投じるスタイルを追求するようになっていきました。



もちろん、小さな会社の株ならではのリスクもあります。
すべてに万能な方法があればよいのですが、私の経験上、
そこまで甘くはないようです。


最後は私の現在の選択が、長期的に正しいことを
祈るしかありません。
関連記事




プロフィール
■名前;ランプアイ
■生まれ;1985年で現在32歳
■基本投資スタイル;長期投資
詳細ははじめに

総資産推移(貯金含む);
08年04月;20万(入社)
08年末 ;100万(株開始)
09年末 ;80万
10年末 ;400万
11年末 ;800万
12年末 ;2,800万
13年末 ;3,552万
14年末 ;4,598万
15年末 ;7,917万
16年末 ;10,058万
17年末 ;15,353万
--------------------

総資産推移グラフ
スポンサーリンク
最新記事
逆アクセス
全記事タイトル一覧
ブログ内検索
カテゴリ(新しい順表示-2件ずつ)
月別アーカイブ(古い順表示-各月全件)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。