RSS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
15年2月18日の結果は53,073,091円でした。
貯金口座は7,151,793円でした。

以上より総資産は60,224,884円となりました。



私の口座が上がり始めたときは、まぁ大概相場の山ですね(適当)。
一気に上がるものは、一気に下がるというものです。



総資産が6,000万円台に乗ったので記念撮影だけしておきましたが、
例のごとく単なる含み益であって、確定するまでは幻想みたいなものです。


そうこうするうち、すぐにまた激しい下落に苦しむことになるんですね。わかります。



我ながらアホかと思いますが、仕方ありません。
滑稽と分かっていても、喜んだり悲しんだりを繰り返しながら相場にしがみつくしか
どうも私にはできないようです。




なにせ、例えば2013年5月8日に53,094,830円を付けてから、
こんな時は空売りのチャンスか(2013,05,08)

2013年8月30日は29,013,119円へ、
8月結果(2013.08.30)


3か月少々で実に2,400万円以上も含み益が消し飛んでいます。



株とはつまりこういうもので、

長期投資をやる以上、こういう世界であることを
心底理解する必要があります。




そんなこんなで私は今の、素直に上がりすぎる市況を疑ってみていますが

一方で本来であれば
企業価値通りに株価が評価されれば、それは素直に喜べばいい話でもあります。


日本人のように、株高を”だまされてはいけないトリック”と見るか、
欧米人のように、株高は”経済成長の当然の帰結”であると見るか。

株高を素直に喜べる感性を持ちましょう!(All About)




経済は循環するものですから、好景気もあれば不景気もあるわけで、
株価は延々と上げ下げを続けていくわけですが、


長い目で見れば、人間が努力する限り経済は成長し、
上げ下げしながらも株価は上がっていくものであるはずなのです。




楽観的すぎるのはマヌケなのですが、
だからといって悲観的過ぎるのもいけないわけで、

バランス感覚をもって相場と付き合っていくのが大事なのだなぁと思う記事でありました。
関連記事




プロフィール
■名前;ランプアイ
■生まれ;1985年で現在32歳
■基本投資スタイル;長期投資
詳細ははじめに

総資産推移(貯金含む);
08年04月;20万(入社)
08年末 ;100万(株開始)
09年末 ;80万
10年末 ;400万
11年末 ;800万
12年末 ;2,800万
13年末 ;3,552万
14年末 ;4,598万
15年末 ;7,917万
16年末 ;10,058万
17年末 ;15,353万
--------------------

総資産推移グラフ
スポンサーリンク
最新記事
逆アクセス
全記事タイトル一覧
ブログ内検索
カテゴリ(新しい順表示-2件ずつ)
月別アーカイブ(古い順表示-各月全件)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。