RSS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-


15年4月10日(金)の結果です。


総資産66,058,161円となりました。
先週末比+0.8%(+529,308円)でした。
先月末比+3.9%(+2,448,757円)でした。
年初来比+43.7%(+20,075,534円)でした。



内訳は、

株口座が58,104,735円でした。
 先週末比+541,398円でした。
 先月末比+2,460,847円でした。
 年初来比+18,243,520円でした。

貯金口座が7,953,426円でした。
 先週末比-12,090円でした。
 先月末比-12,090円でした。
 年初来比+1,832,014円でした。






はー、日経平均2万円タッチしたのだそうですね。
ひどい日程で出張が入ってしまい、さっぱりニュース等みれておらず

個人的には置いてきぼりでございました。



想像してみろ いわゆるレールの上を行く男たちの人生を
おまえらのようにボォーッとしちゃいないぞ…!


小学中学と塾通いをし… 常に成績はクラスのトップクラス
有名中学 有名進学校と 受験戦争のコマを進め 一流大学に入る…
入って3年もすれば 今度は就職戦争… 頭を下げ 会社から会社を歩き回り 
足を棒にしてやっと取る内定……
やっと入る一流企業… これが一つのゴールだが…… 


ホッとするのも束の間 すぐ気が付く レースがまだまだ終わってないことを…
今度は出世競争… まだまだ自制していかねばならぬ…!


ギャンブルにも 酒にも女にも溺れず 仕事を第一に考え
ゲスな上司にへつらい 取り引き先にはおべっか 遅れず サボらず ミスもせず…
毎日律儀に 定時に会社に通い 残業をし ひどいスケジュールの出張もこなし…
時期が来れば単身赴任… 夏休みは数日… 


そんな生活を10余年続けて 気が付けばもう若くない 30台半ば・・・40
そういう歳になって やっと蓄えられる預金高が… 1千 2千万という金なんだ… わかるか…?

1000万円を貯めることの重さ (貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅;2012.11.29)



仕事に追われるときはいつもこの名言を思い出してしまい、
いろいろと気持ちが萎えますが、

まぁ、なんにせよ前向きに資産形成に励むしかありませんな。





本記事では2万円到達の瞬間から”最初の30分間”に焦点をあて、
当時の臨場感あるネットの反応(ニュース,2ch,textream,twitterなど)を時系列に再現しました。

2015/4/10 日経2万円超えの瞬間 - 相場ドキュメント30分(株価アルゴリズム 公式ブログ;2015.4.10)



今の時代は大変すばらしい情報をまとめてくださる方がたくさんいらっしゃるので、
このようなサイト様で臨場感を感じておくことにします。






しかし、前も少し触れましたが、日経平均というのは
中々に偏った作りになっているようでして、

いろいろと議論のある指標であるようですね。


 現状の日経平均株価の値動きは、

その値がさ銘柄の中でも特に1種ないし3種程度の銘柄の株価変動に、
きわめて大きな影響を受けていることをまず指摘しておこう。

これは市場関係者の間では今さら言われなくてもわかりきったことなのだが、
ファーストリテイリング<9983>、ソフトバンク<9984>、ファナック<6954>の
3銘柄で、

「日経平均寄与度御三家」とも呼ばれている。

(中略)


彼らが「日経平均なんてチョロい」と思っているかどうかは知らないが、

日経平均が寄与度御三家の大量売買でこのようにコントロールされてしまうというのは、
厳然たる事実である。

1銘柄だけで日経平均をプラスにできる魔法(Economic News;2013.3.11)






というわけで、私は見るとすればTOPIXの方がよいんじゃないか、
などと思っております。

日経平均とは別にTOPIXという株価指数の動きをみると、
まだリーマン・ショック前の高値は超えていません。

TOPIXというのは、東京証券取引所の一部上場銘柄全ての
加重平均株価を表しているものなので、

代表的企業225社から構成される日経平均よりカバレッジの広い指数です。

第二十二回 15年ぶりの高値となった日経平均から見えてくること(livedoor NEWS;2015.3.1)




というわけでありまして、TOPIXのチャートなんかを見てみますと、

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-(1)
TOPIX(SBI証券)



リーマン前の1,824ポイントにはまだしばらくあるわけでして、

おそらく、こちらのグラフの方が、株式市場の現実を表しているように思います。





まぁTOPIXと比べても、私の運用成績は負けているわけですが・・・・


理想を言えば、市場平均に勝つか負けるか、というのは
自分の資産形成とは切り離して考えなくちゃいけないなぁ、と私は思っています。


負けると焦りますからね。自分の資産運用は間違っているんじゃないか!?
と思って規律がブレてもいけません。



増加率で考えるのではなく、積みあがる絶対額に意識を集中しようと思います。
関連記事




プロフィール
■名前;ランプアイ
■生まれ;1985年で現在32歳
■基本投資スタイル;長期投資
詳細ははじめに

総資産推移(貯金含む);
08年04月;20万(入社)
08年末 ;100万(株開始)
09年末 ;80万
10年末 ;400万
11年末 ;800万
12年末 ;2,800万
13年末 ;3,552万
14年末 ;4,598万
15年末 ;7,917万
16年末 ;10,058万
17年末 ;15,353万
--------------------

総資産推移グラフ
スポンサーリンク
最新記事
逆アクセス
全記事タイトル一覧
ブログ内検索
カテゴリ(新しい順表示-2件ずつ)
月別アーカイブ(古い順表示-各月全件)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。